症状と疾患

症状:

おしっこが出にくい、回数が多い、残っている感じがある

疾患:

男性特有の臓器である前立腺が大きくなりおしっこの通りを妨げている前立腺肥大症や、意思に反して膀胱が縮みだしてしまう過活動膀胱が原因になっている可能性があります。

前立腺肥大症に対しては、おしっこの通り道の抵抗を下げるくすりや、前立腺を小さくする薬があります。過活動膀胱には膀胱の縮みを抑えるくすりや、膀胱の容量を増やす薬を
用いて症状を抑えることができます。

神経の疾患(脳血管の障害、糖尿病等)や睡眠障害が原因になっていることもあります。

症状:

おしっこが漏れる(尿失禁)

疾患:

尿失禁には、おなかに力がかかった時に漏れるタイプ(腹圧性尿失禁)、意思に反して膀胱が縮みだし漏れるタイプ(切迫性尿失禁)、膀胱にたまったおしっこが出ずらくなって少しずつ漏れるタイプ(溢流性尿失禁)等があります。
どのタイプかを鑑別して、それに適したくすりを使います。

症状:

尿潜血ありといわれた、おしっこが赤い

疾患:

おしっこの通り道に菌が入った状態(尿路感染)、結石がつまった状態(尿路結石)、腎臓にある糸球体という尿をつくる装置に炎症が生じた状態(糸球体腎炎)等が考えられます。

特に気を付けなければならないのは、症状が赤いおしっこが出ることのみで、痛みなどほかの症状がない場合(無症候性肉眼的血尿)、悪性腫瘍の存在を疑わなければなりません。

赤いおしっこが一度でも出た場合、泌尿器科を受診して下さい。

症状:

左右どちらかの背中から腰、下腹部が激烈に痛い

疾患:

このような症状はおしっこの通り道に石がつまった状態(尿路結石)を疑います。

超音波(エコー)検査や、X線造影検査によって結石の大きさや位置を特定したうえで、
結石を体外に出しやすくする治療をするか、または結石を割る手術をするかを患者様の
ご希望を考慮し決定します。痛みに対しては、鎮痛剤を用いて可能な限り迅速に抑えます。

症状:

おしっこをするときに痛みがある、熱がある、精巣が腫れている

疾患:

おしっこの通り道に菌が入った膀胱炎や尿道炎が考えられます。発熱を伴う場合は、菌が前立腺に進んで炎症を起こした急性前立腺炎、精巣上体(精巣にくっついている臓器)にすすんだ精巣上体炎、腎臓まで進んだ腎盂腎炎を疑います。

どのような菌が原因になっているのかを調べたうえで、菌を殺す抗生剤を用いて治療します。

基本的に管を使っておしっこをとることはありません。

症状:

性行為の後に痛みがある、膿が出る、できものができた

疾患:

性行為を通して感染する主な疾患はクラミジア、淋病です。

おしっこを使ってクラミジア、淋菌の感染があるかどうかの検査を行います。

クラミジアは内服薬を1回飲むだけ、淋病は抗生剤を1回注射するだけで完治することが
多いです。

またコンジローマというできものができることもあります。コンジローマは軟膏で
治療するか、手術で切除するか患者様のご希望を考慮し決定します。